先輩インタビュー

N.I

2014年4月/電気通信大学 情報理工学部
事業開発室 スタッフ

図書館予約システムの設計・開発→施設予約システムの設計・開発

ホロンシステムを選んだ理由は?

公務員、食品、IT業界を希望して就職活動。父や兄がIT業界、また大学のサークルに情報系を専攻している友人が多く、この業界を選びました。ホロンシステムへ入社したのは、その雰囲気から。説明会だけでなく面接であっても、家族のことから不得意なことまで何も飾ることなく話せたという、打ち解けやすさが決め手です。

現在の仕事内容は?

将来へ向けて、新しい試みを行うのが事業開発室。現在オープンソースのRuby言語を使って施設予約システムを開発するプロジェクトに参画し、客先で作業しています。メンバーにはRuby言語自体の開発のコアメンバーであるコミッターの方もおり、日本でも有数の高い技術力を誇る環境。一緒に仕事をしながら、多くを学んでいます。

仕事のやりがいは?

オープンソースは進化が早く、「今までの通りの作業」というよりは「新しく何を使って、どのようにつくるのかを考える」ところから始めるのが面白いと感じています。
調べて考え、相談して、また考えて。そのぶんシステムが完成すると、自分が考えたロジックで動いていることを強く実感でき、大きな達成感を得られるのです。

ホロンシステムを一言で表すと?

『前向き』であると思います。
なぜならオープンソースへの着目、ビッグデータ事業やセキュリティ事業など会社として将来を見据えた展開が多く、また同僚もポジティブな方が多いと感じるからです。さらに職場の雰囲気が明るく、部署や役職などに関係なく声を掛け合うのも、ホロンシステムのいいところであると感じています。

20年後になりたい姿とは?

役職に就いて組織を率いても、技術や知識に詳しいプレイングマネージャーになりたいと考えています。「プログラムを書くことから離れたら、昔のことは分かっても最新のことは若手に聞かないと分からない」というのではなく、自身で判断できる技術と知識を持ち続ける。そして、周りを適切な方向へ導く人になっていたいです。

将来の仲間へメッセージをお願いします

多くの部署があり、まじめにコツコツやる方をはじめ、さまざまな方々が活躍できる会社です。そのなかで事業開発室は、知らないこと、分からないことでも不安に負けず、積極的に取り組める方に向いていると思います。