先輩インタビュー

M.H

2009年4月/大阪大学大学院 情報科学研究科
公共システム事業部 第1ユニット リーダー

市町村様向けシステムの運用・保守 システムエンジニア

ホロンシステムを選んだ理由は?

大学で情報処理を勉強していたこともあり、ゲーム業界やIT業界の企業を探していました。たまたま参加した合同説明会で、多くの企業が報酬や条件を中心とした説明をしているなか、会社の雰囲気を第一に推していたところにとても好感を持ちました。その第一印象の良さが一番の決め手です。

現在の仕事内容は?

市町村様向けシステムの運用・保守に携わっています。今まで公共分野で様々な仕事にかかわってきましたが、現在は児童福祉関係のシステムを担当しています。長く同じお客様と仕事ができているのは、与えられたもののみ実施するのではなく、相手の立場になって考えて積極的に提案する仕事の取り組み方を通じて築いた信頼関係があるからと感じています。今後、自治体セキュリティなどの領域も手掛けて、お客様に幅広く貢献できるようになりたいと考えています。

仕事のやりがいは?

問題を根本から解決できた時の楽しさにやりがいを感じます。直接システムを利用するお客様(例えば市町村の職員の方)とやりとりする中で、ITの専門家ではないお客様の要望を分析し、課題の原因を的確に捉えて解決に導き、喜びを共有できた時は大変嬉しく、やりがいにつながっています。またその喜びも自分の力だけではなく周りとの協力があって達成するものです。協力し合うその姿勢がもっとも大事であると感じています。

ホロンシステムを一言で表すと?

良い意味で「変」な会社だと思います。IT企業かと思いきや石鹸作ったり壁を登らせたりします。「IT企業はITやってたらええねん。」ではなく、新しい分野に積極的に挑戦していこう、「変」わっていこうとしている会社です。社員同士の距離感の近さや色々な意見が言える柔軟性などが、変わっていく会社の原動力になっていると思います。

20年後になりたい姿とは?

入社して以来、様々な場面で言って聞かせ、やって見せてくれている上司がいます。その人の様に、相手と真摯に向き合い、相手のためを思って接することができる、そんな人間になりたいと思っています。

将来の仲間へメッセージをお願いします。

様々な業界に様々な会社が存在します。特にやりたいことがまだ決まっていない方は、せっかくの機会なので、早期に業界や会社を決めつけず、是非、色んな会社に触れてみてください。思いもよらぬところで、あなたに合う、一風変わった会社が見つかるかもしれません。ここに少し変わったIT企業があるのですが、いかがでしょうか。