先輩インタビュー

Y.Y

2015年4月/帝京大学 文学部
金融システム事業部 金融第1部 第4ユニット スタッフ

リース契約決裁システム保守 プログラマー

ホロンシステムを選んだ理由は?

最初に志望していた業界は医療機器メーカーでしたが、周りの人からのアドバイスもありIT業界に興味を持ちコンピューターを扱う仕事に抵抗がなかった為、飛び込んでみることにしました。入社の決め手は採用担当者が説明会から面接まで声を掛けてくれたり応援の言葉をかけてくれたことに感動したからです。他社にはないその丁寧な姿勢が決め手となりました。

現在の仕事内容は?

プログラム修正やデータ補正などの保守作業や、帳票自動生成機能のプログラミングとテストを実施してます。就職前に想像していた仕事はプログラムを組むようなイメージしかなかったのですが、設計書や運用手順などたくさんの資料を作成したり、顧客と話し合いながら仕事の調整をしたり、想像以上に幅広い仕事があると気づきました。学生の時に利用者の立場で何気なく使っていたシステムの裏側には、たくさんの人の仕事や成果で成り立っていて、その規模の大きさや影響範囲の広さに圧倒されます。私も早く一人前になって貢献できる人になりたいと思います。

仕事のやりがいは?

仕事を通じて自分の出来ること・出来ないことが分かることです。出来ることで言えば、仕事で作成した資料は見やすく配置が考慮されていると高く評価いただいたことで、自分の几帳面さが優れていると認識し、更なる仕事への意欲が湧きました。出来ないことはまだまだ多いですが、苦手なことを認識して、少しずつ努力して成長していくことが大事だと普段の仕事から学んでいます。

ホロンシステムを一言で表すと?

マイペースに成長できる会社です。周りと比較して不安になっている自分の気持ちをメンターの先輩に相談したところ、色々アドバイスをくれたり励まされたりして、安心することができ、焦らず仕事に取り組むことが出来ました。良いメンターに巡り合えてよかったという気持ちと、将来自分がメンターになるときはお手本にして頑張ってみたいと思います。また、目上の方々や先輩も気軽に話しかけてくれて働き易く、現場の暖かさを感じます。

20年後になりたい姿とは?

将来像は、新しいことも古いことも、どちらにも興味を持ち、楽しんで学ぶことの出来る自分になっていたいと思います。初心を忘れず、盲目的にこだわらず、様々なことに価値を見出し、好奇心旺盛な人間に成長していけたらと考えてます。

将来の仲間へメッセージをお願いします

私はどちらかというと自分に自信がない方で、就職活動中も自分の能力や将来像を見つけることに苦労しました。でも、無理に探し出す必要はないと思います。私のように自分の意外な長所や能力を仕事を通じて発見することができます。皆さんにとっても今の能力を引き出すだけでなく、新しい自分を見つけることができる仕事であればとても嬉しいです。