先輩インタビュー

A.S

2002年4月/國學院大學 文学部
金融システムソリューション事業部 第3ユニット ユニット長

クレジットカードシステム開発、Webサービス開発、システムエンジニア&プロジェクトマネージャー

ホロンシステムを選んだ理由は?

文学部出身ですが自分がやったことのない業種に関わってみたかった為、IT業界を志望しました。面接の時に「文学部出身であってもシステム開発には必要」とお聞きしたことで、よりやってみたい気持ちが湧きました。自分で調べて資料にまとめたり、創造力を働かせながら問題の原因究明や解決をしたり、当時の勉強が今の仕事に役立っている部分があると感じてます。

現在の仕事内容は?

クレジットカード業務に携わりながらプレイングマネジャーとして社内ではユニット長という管理職を任されています。管理職の役割としては日々の進捗管理や個々の状況を把握して問題解決が必要とされ、メンバーの作業時間をコントロールし極力残業が発生しないように仕事を調整しています。管理職の役割や行動を常に考えながら、先輩方の仕事の進め方や手法を見習い、役にふさわしい人間になれるよう頑張ってます。

仕事のやりがいは?

顧客やエンドユーザーと調整しながら自分が決めた仕様が決まっていく達成感です。プログラムも重要ですが、設計や運用面を含めあらゆる角度から物事を見たとき、考え方や工夫次第で提案や対応策が広がり、ディスカッションしながら追求できるところにやりがいを感じます。今までの経験から多くを学び、自発的に物事に挑戦していく姿勢や諦めない心、コミュニケーション力が今の自分を支えてくれています。

ホロンシステムを一言で表すと?

会社と共に自分も成長する会社だと思います。常に新しいものを追い続けながら、社員1人1人が成長していることを実感しながら働いてます。また男女の境なく社員同士仲がよいところも特徴だと思います。特に一緒に仕事で色々な困難を乗り越えやり遂げた先輩や後輩とのつながりは深く、なんでも相談しやすい関係が築けています。ゴルフやフットサル・自転車など同じ趣味の人が集まって気軽に楽しみ、プライベートなことも気兼ねなく話せる親しみやすい社風が気に入っています。

20年後になりたい姿とは?

仕事は可能であれば続けていたいと思います。ずっと仕事が続けられる良い会社になるように、常に新しいことを考え、会社・社員を支える側の人間になっていたいという気持ちがあります。その為に何ができるか今の仕事で考えながら取り組むことが大事だと考えてます。

将来の仲間へメッセージをお願いします

自分がやりたい、やってみたいと思うことがあれば、やったことがなくてもチャレンジすることで自分の可能性がどんどん広がります。プログラミングやITの世界に少しでも興味を持っているならば、是非一歩足を踏み入れてみてください。